即日融資

即日融資でお金を借りる!対応しているキャッシング・カードローン

MENU
RSS

即日融資でお金を借りる!対応しているキャッシング・カードローン

急いでいても安心できる

生活していれば、大なり小なりお金の問題は付いて回ります。そういった問題を自分の預金だけで全て解決できれば、と思っていてもさまざまな要因でそれができないことは非常に多く、悩みの種です。時間的な余裕があれば、それまでに必要な金額を貯金することもできるでしょうが、そうでない場合はどこかから借りなければなりません。そんなときに学生がお金を借りる方法としても頼りになるのが即日融資に対応しているキャッシングやカードローンです。

 

今や大手金融会社のほとんどが即日融資に対応しており、時間を気にせず申込むことができ、契約完了後すぐにお金を振込んでもらうことができます。そのため、どんなに急な事態にも対処することができ、非常に便利になっています。お金を借りることに不安を持つ方もいるかもしれませんが、知名度の高い優良な金融会社を選び、返済プランなどをしっかり立てて、計画的に利用すれば大きなトラブルに陥ることはありません

 

申込むには何が必要?

申込むための条件は、満20歳以上で安定した収入がある人となっています。この条件を満たしていれば、誰でも申込むことが可能です。しかし、融資を受けるためには、審査に通らなければならず、そのためには「返済能力」と「信用性」があると判断されなければなりません。この判断は申込み時に記入した情報や必要書類の情報、個人信用情報機関に登録されている情報などから総合的に判断されます。記入した情報にミスがあったり、信用情報にブラック情報が載っていると、審査に不利になるので注意が必要です。そうならないためのコツをいくつかご紹介します。

 

提出する情報にミスが無いようにする

申込むときに記入する情報に誤字・脱字といったミスがあると、不利になる情報をごまかそうとしている、注意力が足りないなどマイナス評価に繋がります。こういう小さなことに無頓着であると「返済をきちんとしない可能性が高い」と受け取られやすくなるので、情報を送信・提出する前には必ず何度もチェックし、ミスがない状態にしてから送りましょう。

 

自分の状況に問題がないか調べる

見過ごされがちな問題として、家に固定電話が無い、居住年数や勤務年数が短いというケースがあります。これらの問題があると高確率で審査に落とされてしまうので、申込むタイミングにも注意が必要になります。また個人信用情報に関しても、今までキャッシングやクレジットカードを利用したことがない方は無関係というわけではありません。商品を分割払いで購入しており、支払いが延滞している場合は信用情報にそれが記録されてしまいます。ブラック情報があるとそれだけで信用が一気に下がってしまい、融資を受けるのは困難になります。心当たりがあると言う方は、有料ではありますが、個人情報を開示してもらうことが可能なので、一度調べてみると良いでしょう。

 

短期間に複数社で申込まない

審査に通らなくてすぐに別の会社に申込むというのは普通の行動ではありますが、それが何度も続くと問題です。審査に落とされるということには何らかの理由があります。金融会社によって審査基準が異なるといっても、大体は申込者が条件に達していないということです。そのため、その問題点を見つけてから申込むほうがより審査通過率を上げることができます。また短期間に何度も申込んでいると、申込みブラックという状態になり、それ自体が審査の妨げになります。わざわざ自分で審査に通らない状況を作り出しているようなものです。申し込みの目安としては3カ月に3社までが限度と覚えておきましょう。

 

利用するに当たって気をつけることはある?

当然のことながら計画性の無い利用というのは、絶対に避けるべきです。経済的なピンチを切り抜けるため、自分のご褒美のため、必要経費を補うためとその利用にはざまざまな理由があるでしょうが、ふとした油断で余計なものにまで使い始めるというのはよくあることです。さまざまなことに対応したプランを立てていてもミスは付き物ですが、最初から何も計画していない状態で利用するのは非常に危険といえるでしょう。

 

利用したら返済プランは必ず見直す

キャッシングやカードローンを利用する上で、最も重要なのが返済プランを立てることです。これは、ただ毎月どれだけ返済していくかだけを考えればよいということではなく、どのように利用していくかということも含めて考える必要があります。なぜなら、借入金額(引き出した金額)によって返済金額が変化するからです。支払う金額自体は固定の場合もありますが、利息と元金の比率が変化し、確実に当初より返済に時間がかかります。そのため、利用した分の変化にもある程度対応していく必要があるのです。

 

使いすぎに注意する

消費者金融も、融資限度額がそれなりに大きくなってきていることや長く使っていると限度額の増枠などが可能になるなど、以前よりも大きな金額で借りやすくなっています。しかし、便利である反面、借りすぎや使いすぎといったリスクもあります。そのため、利用者本人がどれだけ自己管理を徹底できるかという部分も非常に重要です。実際に行動する前に「本当に限度額を増やす必要があるのか?不必要な場面でキャッシングやカードローンを利用していないか?」と考えるようにしましょう。

 

貯金は必ずしておく

キャッシングやカードローンを自分の預金のように錯覚してしまうことも珍しくなく、それが原因で多くのトラブルに陥っている方は少なくありません。また、そういう場合は貯金をほとんどしていないというケースも多く、問題が起きても全く対処できないこともあります。そうならないために、ある程度の備えはしておくべきです。日々の生活や返済などで貯金にまわせるお金が少ないという場合でも、無駄になっているかも知れない出費をできるだけ抑えて少しでも貯金できるようにしましょう。

 

緊張感は必要だが、過度に心配する必要はない

初めてのこと、特に借金をすることに関して不安を感じる方は少なくありません。ある程度の緊張感を持ち続けているほうが、失敗や油断を回避することができます。とはいえ、根拠の無い不安や心配は、余計なストレスになるだけです。そういった不安は、間違ったあるいは古い情報によるものである場合が多くあります。もちろん新しい情報の中にも不安を抱かせるものはありますが、常に正しい最新の情報を得ることできちんとした対処法を取れるようにしておけば、それなりに不安は解消されるでしょう。

 

審査が不安

審査ではどんなことが起こっているのか、通過できるのかということは申込んだ方なら誰でも気になるものです。金融会社によって審査基準に違いがあるため、こういう場合は必ずこうなる、ということはできません。しかし、基本的な条件を満たし、金融機関やショッピングなどで支払いに関するトラブルを起こしていないのであれば、さほど心配する必要はないでしょう。

 

返済への不安

返済をきちんとしていけるか、という面で不安になる方も多くいます。しっかりとした計画を立てていても、初めてのことであれば心配になるのも無理はありません。返済プランを立ててもまだ心配だというのであれば、カスタマーサポートなどに連絡して、相談に乗ってもらうこともできるでしょう。一人で不安を抱え込むのは、トラブルを身に招くことにも繋がります。身近な人であれカスタマーサポートであれ、借入や返済に関しての正しい知識を持った人に相談しましょう。

 

取立てが来ることへの不安

返済を延滞すると、激しい取立てにあうのではないかと考える方もいますが、現在では昔のような暴力的な取立ては行なわれていません。法律でそのような取りたては違法と定められているので、不安がる必要はほとんどありません。しかし、取立てという行為自体は違法ではないので、金融会社の社員が家まで来ることはありますが、それでも長期間支払いを行っていない、連絡が使いないなどかなり問題が大きくなっている場合です。

 

周りに知られることへの不安

キャッシングやカードローン利用者は年々増えており、イメージもそれなりに上がってきているとはいえ、借金をするということを知られたくないという方が大半です。特に在籍確認などは大きな不安要素となりますが、消費者金融は個人として、銀行は基本的には銀行名を名乗りますが、個人名でかけて欲しいと要望を出しておくことも可能です。どの金融会社でも、借金していることがバレないように配慮してくれます。